伊豆旅行での出来事

昨日の旅行で泊まった旅館には屋内屋外プールがあって、敷地から降りるとそこに海辺、プライベートビーチがあった。チェックイン前からプールと海で遊べたので、水着に着替えて遊ぶことにした。娘は少しかわいいスカートの付いたスクール水着(昔からあるピタッとした競泳用のような形ではない)で私はビキニの上から長袖のラッシュガードを着ていた。

その格好で、屋根のあるところで主人を待っていると、旅館のスタッフではない、休憩中の作業員らしき40代ほどのおっさんがガラケーの携帯カメラをこちらに向けている。ギョッとして慌てて移動したが、とても気持ち悪く怖い思いをした。娘も気がついたようで、移動する際もカメラで追っていたようだ。気持ち悪い。

旅館スタッフの方の心配りは温かかっただけに、残念だ。本当に、思い出しても気持ち悪い。旅館の人に伝えようかどうしようかと悩んでいる。メールをしようか、手紙を書こうか。やめようか。

今後あのおっさんのために嫌な思いをする人がいることも、あのおっさんがそっと気づかれないようにカメラを向けて隠し撮りに成功することも許しがたい。

あぁ。思い出すだけで気持ちが悪い、そして怖い。