読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長風呂

主人は普段から1時間近くお風呂に入る。ゲームや本を持ち込んで、ゆっくりしているようだ。毎日慌ただしく息子と入る身としては、羨ましい限りである。

主人は今日も仕事で、夕方に帰宅した。お風呂に入るというので、子どもたちが邪魔しないよう、八百屋やらコンビニやらに30〜40分連れ出した。

散歩から帰宅して5時過ぎ、眠そうな息子(お昼寝をしそびれた)を横目に夕飯の支度をする。お風呂に入れなければ、と思うも、浴室が開く気配はない。

2時間ほどたつ(6時半)ころには、浴室で意識を失っているのではと不安になってきた。その時、夕食を終えた息子はすこし目が覚めたようだ。

息子がいつ眠っても良いよう(お風呂は明日かなと諦めた)歯磨きをしていると、寝室から主人が起きてきた。何でも、シャワーだけ浴びて寝ていたそうだ。

黙って夕飯を支度し(私は息子と簡単に済ませた)、1人湯船に浸かる。どっと疲れた。

トイレトレーニング中の息子が、パンツでウンチ…!等々、響いてきたが、久しぶりにゆっくり入浴できた。ちなみに、眠気の消えた息子は主人が入浴させてくれた。

たまには1人、子どものことを気にしない自分時間があると嬉しい。(朝、一番に起きる私は1人コーヒーを飲む。幸せな時間だが、息子が泣いて主人を起こしたらと常に耳をそばだて気を張っている。)