読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち往生

自宅マンションのすぐ近くに駅があり、ベランダから始発駅と次の駅(最寄り駅)が見える。息子にせがまれて、よく電車が走る様子を見ている。

昨日の日中、キキーとブレーキ音が聞こえた。子どもたち(特に相変わらずパジャマで、時間を持て余している長女)が、「なになに?」と乗り出してくる。

ベランダから、遮断機が下りた踏切内で自転車を押したまま立ち往生するおばあさん、おばさん?が見えた。幸い、始発駅からすぐであり、次の駅も目前だったため、電車は女性の20mほど手前で停車した。運転士さんが電車から降りて、自転車を遮断機の外に運びだすところまで見た。

「危なかったね」と娘と話したが、誤って遮断機の中に入ってしまった時(もちろん、そうならないように気をつけるべきだが)、どうするのが正解だろうか。自転車を外に出せないなら、置いて逃げ、駅にあるであろう非常ボタンを押すべきだったのか。

少し前に、電車にベビーカーが挟まれる事故があったような気がするが、非常ボタンを押すのは勇気がいるだろうなと想像する。

有事の際に後悔しない行動ができる心構えだけ(命を一番に考える、とかだろうか)準備しておきたい。