ディズニー旅行 備忘録

金曜日

お別れ会を少し早めに抜け出し、2時前に幼稚園へお迎えに行く。

家に帰宅し荷物を置き、家を出る。夕飯と次の日の朝食を購入して3時半の新幹線(こだま)に乗る。新幹線内でおにぎりを食べる。

17時半、ホテルにチェックインをする。手続きをしてディズニーシーに18時過ぎに入園した。

①アウトオブシャドウ(18:45~)待ち時間20分

②メリーゴーラウンド 5分

③魔法の絨毯 15分

④シンドバッド 10分

⑤アラジン 30分

⑥2万マイル 5分

ファンタズミック(立ち見)

金曜の夜、思いのほか混んでいた。静岡から行くとやはり最短で行っても18時になる。夜、部屋で軽食とカップラーメンを食べた。

 

土曜日 

15分前エントリー

6:45チェックアウト

7:15パークインの列に並ぶ

7:40パークイン(開園が55分になった)

①バズ、バズのFP取る 待ち時間5分

②ミッキーの家 20分

③スティッチ、モンスターズインクFP取る 30分

④FPバズ 5分

⑤パレード、軽食ホットドック 15分

⑥リロのショーランチ(11:40)

⑦ビビディバビディブティック(14:00)

⑧ホテルチェックイン、コンシェルジュでコーヒーとおやつ

⑨昼寝(1h)

⑩16:30パークイン→オーロラ姫と写真 20分

⑪FPモンスターズインク 5分

⑫フィルハーマジック 20分

⑬白雪姫 20分

⑭アナ雪プロジェクターマッピング 10分

⑮ホテル コンシェルジュルームでお酒(8:45-9:30)

春休みに入った学生たちでどのアトラクションも混雑し、日中は最低60分待ち以上だった。幸い、一番混む時間にランチとブティックの予約があり、また朝一番にFPも取れたので子どもたちも最後まで飽きることがなかった。朝の15分はやはり大事だ。

今回は初めてのコンシェルジュルームに宿泊したが、子どもたちは専用の部屋でディズニー映画を見ながらおやつ、大人にはコーヒー、夜はお酒も楽しむことができて満喫できた。自宅でも、これほどのんびりした時間は取れない。

 

日曜日

15分前エントリー

7:15パークインの列に並ぶ

7:45パークイン

①バズFP取得(8:40-9:40)→バズ 5分

②プーさん 5分

③ピノキオ 3分

④ピーターパン 15分

⑤ダンボ 15分

⑥フィルハーマジック 15分

⑦バズ 5分

⑧おみやげ

⑨シンデレラ城 25分

コンシェルジュルーム コーヒーおやつ→チェックアウト(11:50)

イクスピアリでお土産

⑫シェフミッキー(13:30-15:00)

⑬シンデレラと写真 20分出待ち

16:50新幹線→18:30静岡着

今回はシェフミッキーに行くため、12時まえから移動した。そのためアトラクションには午前中しか乗れなかったが、前日から合わせて乗りたい乗り物には数回乗り、劇場型のショーも何度か楽しめた。春休みの込み合っている中で、これだけ楽しめたので良かった。

肝心のシェフミッキーでは、主に2人組や1人できている女性が一眼レフを抱えてキャラクターを離さず、テーブルを回るミッキーやミニーとの写真や触れ合いに大きく不平等感があった。彼女らに負けじと前のめりに楽しめばよいのだろうが、そこまでのテンションもない。キャラクターよりも、それで喜ぶ子どもの姿が見たい撮りたいだけなのだ。なのでシェフミッキーには次回行くかどうかはわからない。エントランスでプリンセスとの写真も、主に女性のコアなファンの方たちに交じって、押しのけながら写真をお願いすることになる。すごい戦いだった。

 

総じて、3日間のディズニー、パレードもアトラクションも目いっぱい楽しんだ。朝一番にいかに行動するかが大切だ。そして春休みなど混雑する時期には、昼間にランチなど事前予約の予約を入れておくことも必要かもしれない。