注意喚起と目標の張り紙

今日は家族で、伊勢丹前に新しくできたインドカレー店へ行く。

知らなかったが、チェーン店のようだ。私はチーズナンのセットをいただき、お腹いっぱいまで食べた。会計時、レジの前で『メニューは?』と聞かれる。自己申告制の支払いだった。

お子さまランチについて来たデザートのアイスクリームも提供が早すぎて、カレーを食べ終える頃には溶けていた。

何事も、大雑把に運営されているようだ。

しかしそんな雰囲気も好ましい。もちろん味も。

昨夜食べた3種の日本酒がそれぞれ使われたチョコレート、どれも素晴らしく美味しかったが、日本酒の違いはわからなかった。

今日のカレーも、他のインドカレー店との味の違いは、よくわからない。

でも家庭で作れない味で、きちんと美味しい。

歩いていける場所にあるので、また行くだろう。

今週末は、食べ過ぎである。

おまけに、コンビニにある『モーツァルト チロル』というチョコレート。癖が強いが、他にはない味で、見つけると買ってしまう。箱買いしようか、いや、思いとどまっているところである。今日も食べた。

話はかわるが、半年ぶりに美容院へ行ってきた。2歳の息子を連れて行くとなると、他のお客さんに迷惑がかかるだろうと足が遠のいていたのだ。

カレー屋から帰宅し、息子を主人に任せて、娘と2人で美容院へ行く。徒歩圏内、直前の予約が取れる所を検索して行ってきた。

結論から言うと、次からは行かないと思う。

店のスタッフルーム(シャンプー台から見えるところ)に張り紙がしてあり、大きく『目標600万円』と書いてある。その下には『ヘルプに入ってでも…、出来ることを…』等のアドバイス?も。

その紙の隣には、箇条書きで

『お客様の個人情報は勝手に見ない。

セクハラ発言はしない。

お客様と2人きりでエレベーターに乗らない…等』

おおよそこのような忠告と、『守れなかったら即、くび!』の言葉。

いやいや、これは、せめて見えないように配慮するべきでは。とも思ったが、開いているドアに(正面に貼られた600万円にも)誰も気を留めていない。(スタッフさんは頻繁に出入りしている)

何かトラブルがあったのだろう。売り上げも伸び悩んでいるのかもしれない。

しかし、私と娘はもう行かないだろう。

次からは前もって予約し、馴染みの店に行きたいと思う。