読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖質制限29日目

糖質制限

昨夜、食べ過ぎた。生理前特有の暴力的な食欲である。これはもう、身を任せるしかない。体重も減らないし、恐れるものはない。そう思い、肉、葉野菜、チーズ、ブランパン、玉子、食べ過ぎたためいつもより糖質は多かった。カロリーは確実にオーバーである。およその目安で夕飯時に糖質15gほど摂ったように思う。1日総量20g弱か。

 

ふーお腹いっぱいと就寝前、「これじゃ体重減らないよな」と罪悪感とともにケトスティックを試してみると『-』の反応であった。

 

え?!

 

糖質、15gではセーフだと思っていた。あるいは、糖質量を根本的に測り間違えているのか。

起床してすぐに測ってみるも『-』の反応。日中はかろうじて『+/-』であった(幼稚園へ送り、30分5000歩のウォーキングののち)。

それでも食欲は抑えられない。昼食もしっかり食べた。その分、今日の歩数は15000歩(娘の送り迎えやスーパーへの買い物)とよく歩いたのではないか。

 

糖質制限を始めると、糖質がないことから自らの脂肪を燃やし、あっという間に目標体重!すばらしい!

そんな自らの成功体験を元に、主人にも勧めようとと考えていたが、1ヵ月という節目のところで眉をしかめている。きちんとカロリーも控えろということなのだろうか。やはり、そんなにうまい話はない。きちんと自分の体と向き合えということなのだろう。