読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖質制限8日目と受験シーズン

糖質制限

今日も食事について特筆することはない。鶏肉は食べなかった。野菜を積極的に食べたと思う。

普段はそれほど大食漢ではないが、何かの理由で(ホルモンの影響か?コントロールできない)スイッチが入ると、心が卑しくなるようで、食べても食べても満足できないことがある。お腹はいっぱい、でも何かが足りない。

その逆も、ある。食べなくても空腹が心地よく、なぜか意欲が湧いてくる。体が軽く、調子が良い。すぐに体重が減り、またそれが気分を高揚させて食事制限と運動が加速する。しかし、どこかで落ち着き、いずれ過食のスイッチがはいる。

ここ数年の経験である。

今、このダイエットスパークリングに入っているのだろうか。いつもと違いしっかりと食べているが、体が軽い。気分も高揚している(食事、糖質制限が楽しい!)続けなければ意味がないこと、長く続けたい。


明日、長女が小学校の受験である。特別な気概をもって、と言うよりは、自宅から同じ距離で行けるなら受けてみようか。と言った心持ちである。お受験の塾に通うほどではないが、過去問には取り組んだ。

自身の受験を思い出し、何もこんな小さなうちから…とも思うが、ここ静岡では都会のお受験とは少し毛並みが違うような気がした(都会のお受験はイメージでしかない)