読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜中の火災報知機

昨夜12時、そして今朝の5時台に、玄関のインターフォン(カメラ)から、警告音と「近くで火災が発生しています」と言うようなアナウンスがけたたましく鳴った。

夜中12時の時点では、まさか!と周囲を確認するも、異常なし。前日の夜、同じ時間帯に階下の「困った人」がドンドンと騒音をたてていたので、まさか!は、またか。へと変わった。5時の警報は、夢うつつの中、主人が止めたようだ。スイッチを解除するまで、少なくとも数分間は鳴り続けるようだ。おかげで寝不足である(特に主人が)

ところで、マンションの困った人は、よく騒音を出したり、隣人とトラブル(被害妄想を訴える?)を起こして、警察のお世話になっている。マンションの住人にとっても困った人だが、一番困っているのは当事者だろうと思う。病として、少しでも楽になれるような治療を選択してほしい。

今回の騒動が階下の人の仕業なのかはっきりとは確認出来ていないが、おそらくそうなのだろう。

困ったことである。

何か、本当に事件になる前に(いつか何か起きるのではと思わせるだけの事は起こしている)できることがあればよいのだが。