読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小春日和、たい焼き

子どものこと

病み上がりには、優しい土曜日となった。

息子の鼻づまりだけ、何とかならないものか。2歳、うまく鼻をかめないが、ティッシュでも拭えない。蓄膿症にならないか心配である。(鼻詰まりが蓄膿症になるのかは不明、この後調べよう。)


午後からは、少しだけ公園に行く。休日の公園は『お父さん』率が高い。彼らは、好んで来ているのだろうか、『お母さん』の圧力だろうか、など余計なことを想像しながらの公園。我が家の『お父さん』は一人テレビゲーム中である。

たまの休日、好きなことを好きなだけする時間があっても良い、と思うのと同時に、母も一人の時間があっても良いはずである。

『お父さん』の公園は、圧力があっても大賛成だ。何より、公園の彼らは楽しそうでもある。

と、テレビゲームをしている主人に伝えたい。


寒くなり始めた帰り道、あんことカスタードの2種類のたい焼きを計4匹購入。

家を出る前と同じ、ソファに位置どったままの主人と、子どもたちと家族で食べる。それはそれで、幸せ。