子ども会の夏祭り

今日の記録

 f:id:EMURAKAMI:20170806065527j:image

13時半から水風船を膨らませるお手伝い、15時半から18時まで会場設置と店番のお手伝いをしてきた。小学校のグラウンドにぐるりとテントが並び、各子ども会が店を開く。どこもお父さんやお母さんがお店屋さんで、利益は出ないものなので、たいてい100円で遊べたり売られていたりする。

息子はダーツ(ほぼ目の前に差し出された的に向かって投げ、何回かやり直しもさせてくれた)で一等の景品に光るうちわ、玉入れで水鉄砲を手に入れ、100円のかき氷とフランクフルト、焼鳥とポテトなどなどを食べて、遊んでとても楽しんだ。

娘が一緒だともっと楽しめたのに!と思うけれど、また来年の楽しみにしたい。

準備から店番まで、とても疲れた。でも楽しかった。

娘を残して

今日の記録、なし

 

実家から帰ってきた。

実家の玄関先で娘が泣きながら抱きついてくる。10日には名古屋で待ち合わせなので、ほんの少し離れているだけなのだが寂しい、その気持ちはとても分かる。これから、たくさんの「寂しい」を経験するんだろうな、と思いながら、でも1時間もすれば楽しくなっている姿が目に浮かぶ。

静岡に帰宅してから電話すると、楽しく遊んでいる声が聞こえてきた。それでいいんだけど、私自身そう過ごしてきたのだ。

先ほど実家の娘に宛てて手紙を書いて投函してきた。明日か明後日には着くだろう。返事が返ってくるだろうか(返信用封筒と切手も入れておいた)。

思い出に残る夏になる気がする。

 

実家からたくさんの野菜をもらって帰ってきた。ピーマンは適当な大きさに切って冷凍庫へ、茄子は肉味噌とお漬け物にした。オクラも冷凍しようと思う。ゴーヤはどうしようか。

2泊と短い帰省だったが、とても充実していた。弟の様子も、実際に見て安心できた。

 

モネの池と渓谷とラーメン屋さんさん

実家から車で「モネの池」に行ってきた。時期か天気か、紹介される写真ほどキレイには見えなかったが、穏やかな池が見えた。しかし後から後から観光の車が絶えないし、池の周りには人だかりになっていた。人知れず見つけたのなら、確かに「モネの池」だと思ったかもしれない。

その後はさらに山奥に向かい渓谷の遊歩道を散策して来た。こちらは人気が少なく、トンネルの先は違う世界かも…と思わせるほどだったが素晴らしい眺めだった。空気も水も冷たく、気持ちがよかった。

帰り道、昼食に寄ったラーメン屋さんがまたすごかった。モネの池よりもすごい。名物らしい味噌ラーメンは懐かしい味で美味しかった。700円で大盛り、父には勝手にライスのサービスと全員に食後のアイスもサービス、娘には待っている間にと折り紙を出してくれ、帰りに折り紙を全部くれた。さらに子どもたちにマーマレードもお土産にとくれた。すごい。ラーメン4杯で2800円、元は取れるのだろうか。さらにそこの奥さんだろうか、年齢不詳のおばさんの印象がすごい。髪型もお化粧も服装も、違和感だらけだ。でも不思議と印象はとてもいい。人柄だろうか。できるならまた行きたい。

実家帰省

今日の記録、なし。

高速で3時間、実家に帰省している。子どもたちも大喜びで駆け回っているし、両親も喜んでいる。弟からも話を聞いて例の件は「高い趣味」だと納得した。

久しぶりの実家、居心地がいい。

出先からなので、簡潔に日記をすませる。

雑務

今日の記録

 f:id:EMURAKAMI:20170805080546j:image

昨日、不安な気持ちで過ごした成果として済ませておくべきことが明確になった。まだ時間があるからと後回しにしていたことを昨日と今日で済ませた。具体的には、今日は住民票をとってくること、ベビー服を整理すること(明日実家へ持って行く)、大学の振り込みについて確認することである。あれほどの不安感も、リストアップしてしまえば何事でもない(大切なことが漏れていなければ良いのだが)。

 

明日から私と子どもたちで実家へと帰省する。主人は仕事があるため留守番だ。明日の支度をしながら、娘を公文へ送っていこうとしたところ、手の平の指先が真っ赤になっている。他に症状(熱やのどの痛み、他の部分の赤みなど)はない。昨日、一昨日から左親指の先が赤くなっていたのは知っていたが、ペンのインクだろうか?とあまり気にとめていなかった。しかし今日の夕方には、両手すべての指に強い赤みが出ていた。慌てて小児科へ行ってみる。診てもらったところ感染症ではなさそうだ、うんていや鉄棒など何か強く握ったのでは?と聞かれるも、身に覚えがない。うーん、と考えて「先日のゆららだ!」と思い至る。子どもプールにあったターザンロープで娘は何度も遊んでいた。縄をつかむ力、プールの中に滑り落ちる力が指先にかかっていたのだろう。

原因が分かって良かった。そして何か感染症でなくて良かった。

明日は無事に実家へと迎えそうだ。

今回は2日に行って私と息子は2泊、娘は8泊して名古屋まで送ってもらう。夏休みのよい思い出ができるといいのだが。

 

不安

今日の記録

 f:id:EMURAKAMI:20170801132019j:image

今日の午前中、ずっと「何か大切なことを忘れている感」が消えなかった。前々から、不安に思うことはあった。「あれ、ガスの火を消したっけ」と不安に思う気持ちと似ている。ガスの火の元確認に、走って帰ったこともある。たいていはきちんと消えている。しかし一度不安に思うと、いてもたってもいられない。

今日はその不安がとても強く、息子の幼稚園と習い事の書類、娘の小学校行事と子ども会の日程、主人の大学院の書類と車検・・など思いつく限り調べた。母親にまで電話してしまった。しかしどれも「忘れている」ものではなかった。今はその感じも落ち着いてきた。

それにしても、何だったのだろうか。一日不安な気持ちで、これは何かの「虫のしらせ」だろうかと考えたりもした。

この不安感は、昨夜の「自己啓発セミナー」と無関係ではないだろう。あの後、弟とラインをして誰彼かまわず勧誘しているわけではない(勧誘して弟に利益があるわけではない)と知った(しかし、どう考えても優良企業、善意の会社ではないだろう・・)。

明日は平穏に過ごせますように。

自己啓発セミナー

今日の記録、なし

先ほど弟から電話があった。何年ぶりだろう、と不思議に思う。とても疲弊しているので詳しく書く元気がないが、「過去の自分を振り返り反省することができた。そのきっかけとなった自己啓発セミナーに参加しないか?」という誘いの電話だった。

え?宗教?詐欺?と思い調べてみると純粋な?自己啓発セミナーのようで、マインドコントロールのような内容もあり、数十万の単位でお金がかかり、人の勧誘もしなくてはならないようだ。

宗教やないかーい!!

とりあえず、両親に電話してみるも、弟は実家暮らしなので事情は両親の方が詳しい。「本人の責任の中でやっているなら仕方がない」という姿勢のようだ。

パソコンでざっと調べたところ、財産を根こそぎ搾り取るわけでも、世界を救う神がいるのでもなさそう。

弟の貯金と時間を使い、交友関係が一時(であると思いたい)冷え込み、自己啓発によって根拠のない自信が溢れるだけのようだ。